「バイナリーオプション」の業界動向

バイナリーオプションの参入の背景とサービス内容の拡充

バイナリーオプションは、一定期間後の為替レートの価格が購入時よりも円安となるか円高となるかを予想する取引であり、予想が当たれば、購入金額に対してペイアウト倍率に従って計算された金額を受け取ることができる一方、予想が外れれば、購入金額のすべてが損失となります。
そのため、いくら小額の購入資金で始められ、かつ損失額が限定されているとはいえ、やはり、ハイリスク・ハイリターンな金融商品のひとつでもあり、仕組みを正しく理解したうえで、うまく活用したい商品です。


ハイリスク・ハイリターンな商品性が「投機性が高い」と見られた結果、一般社団法人金融先物取引業協会にて、自主規制ルール「個人向け店頭バイナリーオプション取引業務取扱規則」が2013年7月18日に制定され、2013年8月1日に施行されました。
規制ルールにより、取引時間は2時間以上、権利行使価格は開始前に確定、途中購入および転売が可能、口座開設時に知識チェック試験など、提供各社はレギュレーションの変更・追加を行いました。
今提供されているバイナリーオプションは、自主規制に対応したバイナリーオプションです。

取引ルールやサービス内容は各社各様。自分に合うFX会社を探すポイント

取引チャネル、通貨ペア、取引機会の回数、最低購入金額、ペイアウト率、など、提供会社によってバイナリーオプションの取引ルールは異なります。 またこれから新たにバイナリーオプションを始めてみようという場合、外れたら投資資金をすべて失ってしまうという観点から、極力リスクを減らして、まずは少ない購入金額から始めることをお勧めします。 少ない金額での投資に慣れたうえで、自己資金に合わせてボリュームを調整するのが良さそうです。